あれから色々と 755Aについて調べていたら…

以前に日本の SndGlassという会社が中国の LineMagnetic社に作らせた LM755EXという WE755Aのレプリカ版で励磁仕様のユニットが発売されていた事が判った。

勿論、今では欲しくても買えない商品な訳だが…

しかしどうやら今でも大元の製造会社である LineMagnetic社から同様の LM755EXがリリースされていて、それは中国の通販サイトを通じて買う事が出来る様だ。

ただ、仕様を見てみると… 励磁電圧が 200Vと書いてあり、少し使いづらそう。

所が SndGlassが発売していた LM755EXは「低電圧励磁電圧」と書いてあるので、もし 120V以下の励磁電圧なら私的に少し気になる存在になりそうだ。

そしてその後引き続きネットで情報を調べていたら…

SUNVALLEY LM755Aに悪評が有った様に、この LM755EXにも「見た目は似てるが Westernとは比べ眠たい音で、アルテック 755E の足下にも及ばない」みたいな一部の悪評を見つけてしまった。

海外での悪評では「オリジナルの高音は銀色でキラキラしているが、LM755EXはより暗くてより厚い音質の解釈になっている」とか。

ええっ、マジですかぁ〜!

まぁ、鳴らす環境によっても意見は異なるでしょうし、人それぞれの好みもあるでしょうけど…

私みたいな 755A素人なんかは、そういう意見に結構惑わされちゃいます。

悲しいけど…

まとめ

という事で、SndGlassがリリースした LM755EXの適正励磁電圧をご存知の方… 情報下さい。

こりゃ、ますますオリジナル ALTEC 755Eの音を、一度聴いてみる必要が有りそうですね。

それが、良くても、悪くても…

それでは、また〜♡

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ