Rullit励磁+075で聴き始めて未だ 1日足らずだが…

やっぱ、Rullit励磁は明らかにクラシック向きな気がする。

Rullit励磁は非常に繊細な音を表現するので…

075を追加する事で…

クラシックでは、より抜群のプレゼンスを感じる事が出来るのだが…

逆に、熱気あるジャズがクラシックの様に聴こえてしまう様な所もある。

対して、LM755Aは…

どっちかって言うと、太いアメリカンサウンドなので…

熱気あるジャズをもってこいの音質で聴かせてくれる。

逆に、クラシックは…

切れ込みが弱く、少しピンボケ気味に聴こえてしまう所もある。

つまり、眠くなってしまう訳なので…

LM755Aに 075は必須となる。

まとめ

と言う訳で…

LM755Aのアメリカンサウンドと、Rullit励磁というヨーロピアンサウンドの…

両極のユニットをいつでも聴き比べる事が出来る… という意味において…

スピーカーユニットに於いては、複数持ちの制限はしていない。

私的には…

アンプや真空管の微妙な音質の違いよりも…

スピーカーユニットの大きな音質変化の方が…

判り易く楽しいし。

それでは、また〜♡

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ