私のばやい Macから音源を取っているので… ネットが繋がらないと音楽も聴けない。

なのでネットが繋がった今、5日ぶりに音楽を鳴らしている。

5日ぶりに聴く音楽は…

いい音だわ〜!

なんて… 音楽を聴きながら JBL 075のカットオフコンデンサーを用意した。

  1. 1μF = 20,000Hz
  2. 2μF = 10,000Hz
  3. 3.3μF = 6,000Hz
  4. 6.6μF = 3,000Hz

色々組み合わせてやってみたが…

カットオフ周波数を高くすると、アッテネーターで調整しても「チン・シャン」が強調され過ぎ。

てか、10,000Hz以上の聴こえない周波数の音圧で、長時間聴いていると耳が痛くなる。

やっぱ 075を 10,000Hz以上に集中させるスーパーツィーター的使い方は私にはダメっぽい。

調べてみると… 075をフルレンジと組み合わせる時のカットオフ下限は 2,500Hzとある。

つまり、075は中域にも美味しい所が有るという事なのだろう。

という事で、思い切ってカットオフ周波数を 6.6μF = 3,000Hzとして…

ボーカルを聴きながら… アッテネーターで調整しつつ、音場空間が僅かに広がる位置に調節。

この状態で 075を切った時と繋いだ時を瞬時に切り替えつつ、ボーカルを吟味。

LM755Aは元々後付けツィーターなど無くとも、十分に素晴らしい中高音を聴かせてくれる。

でも 075を中域でカットオフさせると、空間の広がりと共に艶っぽいボーカルも聴ける。

その際、075特有の「チン・シャン」は強調されず良い感じバランスされる。

まとめ

まぁ、人それぞれのシステムによっても違うのだろうが…

私の環境の場合は 075は 3,000Hz辺りの中域からカットオフさせて…

LM755Aフルレンジに、075をアッテネーターで薄く被せる位がいい感じな気がする。

現在この環境下で色々な音源を鳴らして確認しているが…

075に慣れれば慣れるほど… LM755Aから 075を外すと…

音が寂しい!

決して LM755Aの音が寂しい訳ではないのだが… 075を外すとそう感じてしまう。

つまり私の場合の 075は、私に聴こえる 10,000Hz以下の中高音補強の為にあれば良く…

それ以上の超高音はスーパーツィーターに任せれば良いと思うが…

今の所、私にそれは必要なさげ。

未だ短い試聴時間だけど、現時点ではそんな感じかな…

引き続き、試聴を続けます。

でわ〜♡

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ