ふぅ〜

やっと、DFK研究所「FMチューナー基板キット」の組み立てが完了した。

色々と拘ったので完成まで時間が掛かってしまったのだ。

目次

超再生方式 FMモノラルチューナー基板キット

これだっ!

トランジスタ回路実装に慣れていない私だけど、何とか綺麗に仕上げる事が出来たと思う。

拘りは、基板から直接リード線を出さず、ピンコネクターを実装した事だ。

裏面も結構綺麗なハンダ付けになっていると自分的には思うのですが。

スーパー方式FMモノラルチューナー基板キット

こっちはピンコネクターがスンナリ取り付ける事が出来ず結構工夫を要した。

外付けバリコンもリード線等で接続せず、太いスズメッキ線で基板に直接取り付けた。

裏面も満足な出来だ。

LM386超小型アンプ基板キット Beans Amp

部品点数が少ないのであっという間に完成した。

コイツにもしっかりピンコネクターを実装した。

まとめ

未だピンコネクターに接続するリード線や電池とか用意が出来ていないので、動作確認は後で行う事にしますが、一応軽く確認すると…

  1. 意味不明に余ってしまった部品は無い
  2. 目視では全ての部品が実装された模様
  3. 電解コンデンサーの極性は OK
  4. ダイオードの極性は OK
  5. トランジスタの向きは OK

一応大丈夫そうですが…

では、また〜♡

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ