さてさて、昨日金も無いのに Rullit AERO 8を落札したので、その資金繰りを考えねば。

先日入手した AOR AR8600 Mark2受信機は既にヤフオクで売却済みなので資金の一部となるが…

まだ資金不足なので、手持ちの Siemens 14gのいくつかを嫁に出し、資金繰りに充てる事に。

まずはマグネットにシールが貼ってある VACマグネット仕様を 2個 1ペアを嫁に出し…

次いで、シールが貼ってない VACマグネット仕様 1個も嫁に出し…

最後に巨大な DEWマグネットを持つ 2個 1ペアを出すか、出さないか、検討する。

そして新品同様な Siemens/Klangfilm 9.5cmツイーターを出すか、出さないか、検討する。

正直、最後まで残しておきたいのが、この Klangfilm 9.5cmだけど…

Rullit AERO 8の高域特性が良ければ、コイツを嫁に出す事もあり得ない事も無い。

しかしこれだけ綺麗で完璧な Klangfilm 9.5cmは歴史的遺産として貴重だし…

もう二度と手に入れる事は出来ないと思うと、何としても残して置きたいという気持ちも強い。

そして、最後に…

  1. 自宅は… オーディオ無し、受信機のみ設置
  2. 実家は… 受信機無し、オーディオのみ設置

という言い訳をすれば…

実家に置いてある Collins TCS-11受信機も嫁に出すと事も可能となる。

まとめ

ここで大凡の出品価格を試算してみよう。

  1. 14g VAC 1ペア = 8万円
  2. 14g VAC 1個 = 4万円
  3. 14g DEW 1ペア = 9万円
  4. Klangfilm 9.5cm 1ペア = 12万円
  5. TCS-11受信機 = 12万円
  6. —————————–
  7. 合計MAX = 45万円也

あらまぁ〜、いつの間にかスッゲ〜財産持ってるし。

しかし本心は、どれも売りたくねぇ〜!!

けど、しかし…

恒常化しつつある現状から脱出し、俺は…

進化するんだぁ〜!!

はぁ!?

それでは、また〜♡

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ