果たして私の様なモノラル小音量近距離ニアフィールドなんて小ぢんまりした環境に JBL 075の様な本格的なホーン型ツィーターは必要なのか?

当初はもっと小型のリボンやドーム型のスーパーツィーターとかで良いのではないか?

とも思ったのだが…

私の様な極小音量環境下、特にモノラルでは、直接高音域が聴こえない様なスーパーツィーターの必要性は全然感じないし…

音で聴こえなくても全体の空気感が変わる… とか言われても… ねぇ〜♡

今までにコーン型のツィーターはいくつか使って来た事はあったが…

能率の不整合や、音質に期待する程の効果が得られなかったので、結局全て売却してしまった。

つまり、ツィーターが無くても何とか我慢出来ちゃった訳ね。

そこで今回は能率も高く、音の浸透性が高そうなホーン型を選んでみた訳だが…

当初鳴らしてみた時はあまりの強烈さに「間違ったモノを買ってしまった!」と一瞬後悔。

しかしその後、能率合わせ等で悪戦苦闘しているうちに、ホーン型の音質にも次第に慣れて来て…

現時点ではまだ部品が揃わないので本来の能率合わせは出来ていないものの…

この JBL 075ホーン型ツィーターにぞっこん状態!

小音量ではこんな大型ホーンツィーターは要らんでしょ!という予想は見事に裏切られ…

小音量でこそ、この様に個性が強く音の浸透性が高いホーンツィーターが必要かと。

まぁ、私の耳はポンコツなので、私の評価はアテにならないけど…

私のシステム下での小音量では…

  1. 低音はそこそこ出ている
  2. 中高音も出てはいるが、やっぱ弱い
  3. 結果、いつしか眠くなる

となり、正しくラウドネス効果なんだろうと思う。

勿論、音量を上げれば… 中高音はバッチリ目が覚める様に鮮烈に鳴る訳であるが…

そんな状態でこの 075を取り付けたものだから、最初はその鮮烈さに戸惑ったが…

慣れると、小音量時におけるこの 075の鮮烈さに痺れて、以降コイツが無いと眠くなる。

勿論、その時の音の全体バランスは滅茶苦茶状態なんだろうと思うけど…

しかし、極小音量時にツィーターから聴こえるシャキシャキ音が何と気持ちいい事か。

この音には流石の Rullit励磁も敵わない。

まとめ

この感覚は今までのコーン型ツィーターでは体験出来なかった事だ。

私はこの JBL 075以外のホーン型ツィーターを知らないので他と比べようも無いけど…

私的にはこの 075がある事で、今まで以上に音楽を楽しむ事が出来る確信を持ちました。

今後が楽しみです。

では〜♡

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ