これだっ!

たまたま eBayを見てたら、超レアで滅多にお目に掛かれない「TESLA V3-Ca3」の単品を発見。

既に私は 1本もっているが、程度も良さそうだし、ステレオで揃えたいと思い落札した。

チェコスロバキア TESLA 20cm アルニコ・フルレンジ・スピーカー「V3-Ca3」

そして本日、完璧な梱包で到着した。

梱包を開けてみると、ご覧の通り完全無欠なコーン紙とエッジが目に入り、まずはホッとする。

出力トランスのおまけまで付いて来たが、これを使う事は無い。

正しく「V3-Ca3」で、時代の割にサビとかが殆ど無い。

勿論、こいつは蝶ダンパーなのだ。

コネクター部分も全く痛んでいません。

鳴らしてみる

さぁ、いよいよ実際に鳴らしてみるが、海外から購入したユニットはこの時が一番緊張する。

おおっ!

まずは、違和感無くちゃんと鳴ってくれた。

そして今回からは「周波数テストトーン」で低域のボイスコイルタッチも検査してみる事にする。

緊張は MAX…

「ぶ〜ん」… まろやかにスイープ音が鳴った!

やった〜!

どうやらボイスコイルタッチも無い様で、機能的にも完璧のご様子。

まとめ

これで私のお気に入りの「TESLA V3-Ca3」をステレオで揃える事が出来ました。

完璧です。

それでは、また〜♡

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ