今日は私が常用している外付けツイーター用カットオフオイルコンデンサーを紹介します。

コーネルダブラー 2μF 350V オイルコンデンサー

これが一番愛用しているオイルコンデンサーで、2μFで 10,000Hzがカットオフ周波数になる。

Super 3のカットオフ周波数としては少し高めだが、私的にはフルレンジの音色をメインとしたいためツイーターはあまり主張しない程度でスパイス的に使っている。

コーネルダブラー 4μF 600V オイルコンデンサー

こんな高い耐圧は全く必要ないのだけれど、手頃なモノが無いので。

4μFとなると 5,000Hzがカットオフ周波数になるので、それなりにフルレンジとレンジが被りツイーターも主張してくるが、その時の気分でシャキシャキの中高音が欲しい時とかに使用している。

しかし、これデカ過ぎ…

コーネルダブラー 2μF 600V オイルコンデンサー

これ、マジで殆どオブジェですよね。

でもこういうレトロなパーツって本当にカッコいいので、こういうのをワックスで磨いて、それを眺めながら音楽を聴くのも私にとっては至福の時間だったり。

まとめ

年寄りで老人性高音聞こえない症候群の為、4μF位を常用したい気持ちもあるけど、そうすると大事なフルレンジの個性が弱くなってしまうので、耳の訓練の為もあり何とか頑張って 2μFを常用しているというのが現実なんです。

つーか、カットオフ 5,000Hzや 10,000Hzとか色々考えて設定しても、結局ソースの録音状態によっても全然変わっちゃうので、やっぱり常にカットオフ周波数固定というのでは面白く無いんじゃないかと思うんですけどね。

てな訳で… 時々コンデンサーを変えて、音の変化と同時にオブジェの変化としても楽しんでます。

それでは、また〜♡

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ