少しスピーカーが溜まって来たので、今日は自分にとって本当に必要なスピーカーの選別と、不要なスピーカーの断捨離を行った。

断捨離したスピーカー

z785jpさん作のスピーカーでとても気に入っているのだけど、私の机の上に置くにはどう考えても大き過ぎるので残念だけど断捨離する事とし、本日ヤフオクで嫁に出してやる事になりました。

残したスピーカー

まずは「RFT L2301 13cm A.R.Uシステム」で、コイツは机の上に置いても全くじゃまにならないサイズだし、小型の割に低音が良く出て音楽を聴いていて楽しくなって来るスピーカーなので手放せない。

次に「RFT L2322 13cm 後面解放」で、低音は弱いもののラジオの様に音声等がはっきり聴こえるスピーカーなので、英語ニュースを重点的に聴く時の為にコイツも手放す事は出来ない。

そして勿論この「RFT LP554-6」アドオンツイーターも私には不可欠なアイテムなので手放せない。

常設スピーカーのメンテ

そして常設していて一番使用頻度が多いこの「Telefunken 21cm ミニホーン」は入手してから 2ヶ月が経過しようとしているので今日は久しぶりに少しメンテナンスなんかしてみた。

まずは、スピーカー本体にワックスを掛けた。

ビンテージ物が好きな私はこんな風に少しサビが浮いて来てる様なスピーカーにワックスを掛けた風合いが大好きで、とってもいい感じに仕上がった。

このマグネットが小型で超軽量の Telefunkenスピーカーは小音量から反応が良く聴けば聴くほど素晴らしい音で鳴るので、今では私の最高のお気に入り常設スピーカーとなっている。

エンクロージャー内側もしっかり蜜蝋ワックスを掛けた。

このエンクロージャーは無垢古材を使っているので、こうやってメンテを繰り返せばどんどん良い風合いになって来るはずだ。

外側も全体的に蜜蝋ワックスを掛けて、しっとりツヤツヤに。

まとめ

色々悩んだ挙句、私のデスクトップオーディオは完全に机の上に置けるモノに限定する事に決めたので、手持ちスピーカーの中でそれに該当しないスピーカーの整理に踏み切ったのだ。

全体的にこじんまりしたシステムに落ち着いたけど、拘って厳選したモノばかりを集めた宝箱みたいなデスクトップオーディオシステムになった。

既製品は一つも無い、全て手作りの作品ばかりだ。

デスクトップ環境での小音量再生なので装置本来の能力は殆ど発揮出来ていないが、各々基本性能が高いので小音量で鳴らしていても十分に満足出来る音質で聴かせてくれるし、この秘めたポテンシャルがなんとも自己満足させてくれる。

もうこれ以上何を望むと言うのか?

今度こそ完成ですっ!

それでは、また〜♡