これだっ!

「z785jp」さんに制作をお願いしていた「RFT LP554-6」アドオンツイーターが届いた。

ご覧の様にミント状態の「RFT LP554-6」ユニットが使われている。

出来の素晴らしさに絶句

小さく丁寧に梱包された小包から取り出したツーターシステムを見て…

絶句っ!!

「z785jp」さんのご配慮で、「バッフル面は木目の美しい集成材で、底面は重心を低くなるよう密度の高い合板を使用した」との連絡を受けてはいたものの、現物をみるとあまりの仕上げの美しさと完成度の高さに驚いた。

上の写真の様に…

  1. カットオフ周波数は 4種類から選択可能
  2. アッテネーターは 5段階から選択可能
  3. インピーダンス補正回路付き

の、幅広い選択肢を有しているアドオンシステムなのだ。

これですよ、コレっ!

まず、「z785jp」さんの、この作りが私的にファンなのだ。

突き板を使わず、厳選された集成材か合板または無垢板を使って、角が取れ丸みを帯びたたこの作りと色具合が素晴らしく、ビンテージ物が大好きな私には、最高の出来上がり具合なのだ。

いやはや、非の打ち所がありません。

もう、私にとっては「完璧」な仕上がりなんです。

実際に鳴らしてみる

私の耳は駄耳なので、セッティングのベストパラメータを直ぐに決める事は出来ないが、一先ず色々やって見た。

まずベースとなる L2301フルレンジがかなりバランスの良い音を出してくれているので、ツイーターは取り敢えず下記のセッティングで当面行ってみようと思う。

  1. カットオフは最高の 9KHzで、空気感を感じる程度で
  2. アッテネーターは -5dBで、一番影響が少ない感じで

これでも、明らかに空気感が透明になり、音楽の空間が広がった感じになる。

今まで眠くなる様な音楽も、一枚ベールを剥がした様な透明感溢れる音になった。

「ナレーションの声」がイコライザーを使わずとも、より人間の声となって聴こえる様になった。

澄んだ高音が聴こえる様になると、13cmフルレンジから聴こえる低音もより感じられる様になった。

等々、初めてアドオンツイーターを使う私としては、貴重な経験を体験中だ。

まとめ

フルレンジだからツイーターは不必要!という事ではなく、やっぱツイーターは必要ですね。

楽器や人声等から生じる倍音が、耳に突き刺さる事なく、透明感を持って聴こえて来ます。

この高い周波数の倍音は、いくらフルレンジとはいえ再生が苦しいです。

私はもう、ツイーター無しの世界には戻れません。

これ、マジで私の宝物になりました。

当分、エージングに勤しみます。

次いで制作を依頼中の「L2322」フルレンジ後面解放システムも楽しみです。

と…ここで、またもやタイミング良く「シンドラーのリスト」の曲が流れて来た。

むせび泣く様なバイオリンの倍音に、思わず…

それでは、また〜♡